今から合コン

取引先の専務の誘いで20時から合コンがある。三対三で男側の二人とは初対面というアウェー試合。うまく行く気が一切しない。

「29歳の男は合コンに誘われれば喜ぶもの」という前提で話が進むので困惑している。嬉しくもなんともない誘いに感謝しなければならない。

この前にそういう話があった時に調子に乗って「ぜひぜひ!」と言った自分も悪いと思いつつ「いや面倒臭いのでいいです」と言えない世間に合コン以上の面倒臭さを感じる。

多数派の前提で動く人は合コンに誘って感謝され、少数派は誘われてありがた迷惑と感じながら前者に感謝しお返しをしなければならない。

そう考えると両者にはWin-Winの関係は存在せず、あるのはWin-Loseの関係だけだ。しかも前者と第三者はWin-Winだと思っているところが曲者だ。

金と時間の無駄。心からそう思う。