面接に行ってきた

 面接官は社長ではなくその部下と更にその部下の二人で主に待遇についての説明を受けた。ここまで詳細に説明を受けたことはこれまで無かったので、ちょっとしたカルチャーショックだった。

 話した感じでは繁忙期以外は基本的に定時で帰ることができ残業代も出るらしい。今回の求人も定年で退職した人の欠員を埋めるためのもので殆どの人は長く務めているらしい。

 今回は一次面接で今月末までにその結果の通知が来て、その次に社長との最終面接があるらしい。

 面接して感じの悪いところであれば採否の通知が来るまで「ダメでいいや」と開き直れるが、今回のように良いところだと面接などでの自分の振る舞いを思い起こして、ああすればよかった、こうすればよかったと後悔が沸き上がってくるので精神的に苦しい。これが今月末まで続くと思うと「ダメならダメで早く通知をくれ」という気持ちになる。もちろん、ダメであってほしくないし、ここに決まって欲しい。