夢日記

 牛丼屋にアルバイトの面接に行く。しかし面接の日時を忘れており、本当にこの日のこの時間だったのか不安で仕方ない。店に入り、店員に面接の約束の確認をすることもできず、面接をバックレることに決める。

 席につくと目の前に天ぷらの具と粉がおいてある。周りを見渡すとみんな自分で具に粉を付けて天ぷらを揚げている。しかしこんなものを頼んだ覚えもなく油もないのでどうすこともできない。

 とりあえず丼ものを頼もうとお品書きを見ると岩石丼というのがありサイコロステーキ丼みたいなものかと注文のために店員を呼びもう一度お品書きをみると岩石丼ではなく戦争丼だったことに気づき途方に暮れている。